プロジェクト

災害対応型自動販売機

歴史都市防災研究所では、2007年度よりコカ・コーラウエスト株式会社(旧名:近畿コカ・コーラボトリング株式会社)(外部サイト)と自動販売機を核とした地域防災力の向上に関する産学共同研究を進めてきました。

幹線道路沿いを中心に街中の様々な場所に設置されている自動販売機は、災害発生時の飲料水の供給源となるだけでなく、情報ネットワーク拠点や電力供給拠点としても活用が期待されています。

これまでにも、災害時の自動販売機の活用方法をめぐっては様々な研究開発が行われてきましたが、主にハードに関するものが多く、災害時の被災者ニーズや自動販売機の有効的な活用を支えるソフトインフラまで組み込んだ研究開発はほとんど行われてきませんでした。そこで、文理融合型の防災研究を進める本研究所と、飲料業界トップシェアを誇るコカ・コーラウエスト株式会社(外部サイト)の強みを生かしながら、自動販売機の研究開発と、その活用を支える地域コミュニティのあり方を検討していくことで、災害対応型自動販売機はもちろん、街中に普及している一般の自動販売機を核とした地域ベースの防災システムを構築することを目指しています。

研究所内にも災害対応型自動販売機を設置しています。

具体的には、以下の共同研究を予定しています。
  1. 安心・安全のための自動販売機コミュニティ管理
  2. 自動販売機を核とした住民の被災生活支援
  3. 自動販売機のネットワーク化による徒歩帰宅者支援
  4. 自動販売機を核とした地域見守りシステム
「4つの研究テーマ」のイメージ図